コンサルタントとして経営者の何を疑うのか?


日本で唯一、
売上を上げる
 
チームビルディングコンサルタント
の石見です。
 
 
 
今日のテーマは、
 
「何を疑うのか?」
 
というお話をしたいと思います。
 
 
経営者や経営幹部をサポートする
私たち士業やコンサルにとって
 
相談している内容、相談している時間
 
というのは、
非常に大事な時間です。
 
 
しかし、よく
 
「経営者にダメ出しするのは難しい」
 
「経営者がすること対して、
違うという事を伝えるのって
結構難しいんじゃないか」
 
というような
 
「信頼関係を失うんじゃないか」
みたいな話をする場合、

 
どうするのですか?
 
ということを聞かれる訳です。
 
 
 
私が大事にしている事は、
 
その経営者さんや
クライアントさんなりが決めて
「やっている事」とか、
 
そのこと自体の良し悪しを疑う

 
ということは、
やっていないという事です。
 
 
これが大事だと思っています。
 
 
じゃあ、何を疑うのか?
 
という話なのですが、
 
 
その判断や行動に至った、
もしくは、
それを決めた時の
 
判断基準やその前提
 
 
というものを
疑うようにしています。
 
 
そうすることで、
 
その今やっている決断が、
 
それが本当に、
良かったのか悪かったのか?
 
という事を
 
その当人自身が、
判断したり、考えたり
出来るようになる訳です。
 
 
そうすることで、
 
「やっている事を否定する」
ということを私たちはしなくて済む

 
ということになります。
 
 
ですので、私は常に、
 
「やっている事」について、
疑う、それを否定する
という事をせずに、
 
その基準とか前提について、
「本当にそれはそうなんでしょうか?」

 
という話をしています。
 
 
こんな感じで、
コミュニケーションの方法を身に付けてもらうと、
 
自然に経営者が変わる、
行動の変化が起きる

 
という事が起こります。
 
 
 
「何を疑うのか?」
というのが、
今日のテーマだったのですけれども、
 
その判断基準とか、その前提を疑う、
違う角度から見る

 
というような事を、
ぜひ、やってもらいたいと思っています。
 
 
 
いかがだったでしょうか?
何かご意見、ご感想をお願いいたします。
 
ありがとうございました。

クライアント先の成果が上がる
特別な研修プログラムを無料プレゼント!

ゲームで遊ぶだけで、組織が活性化し、クライアント先に喜ばれる特別な研修プログラム「仮想体験ゲームセット」を”無料”プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です