専門家だからこそ解決できないことがある

情熱で奇跡の成長を導く
日本で唯一売上げを上げる
チームビルディングコンサルタントの
石見です。

今日のテーマは

専門家だからこそ
解決できないことがある

という話をしたいと思います。

 

チームビルディングや
組織づくりの
コンサルタント・コーチとして
関わるときに
よく相談されるのが

専門家同士が上手くいかない
ということです。

これはコンサルタントという
立場でない場合もあります。

会社の中で技術屋さんや
専門家みたいな人たちが
いるところや

病院などの
プロフェッショナルが
集まるところでは、

みんながそれぞれの
専門家です。

このそれぞれの専門家が
それぞれの主張を
振りかざすと
言い方は悪くなりますが、

「自分が正しい」
「自分は間違ってない」
「こうやったら上手くいく」

というようなことを
言われます。

そして
経営者と言われる人たちは

それぞれの主張が
ぶつかり合って
組織はなかなかうまく
いかないんです

ということを
私どもに相談される
ということなのです。

 

専門家として
深い知識や経験が
あるからこそ

解決できないことが
たくさんあります。

特に組織づくりというのは
そういうものなのではないか
という風に感じています。

私たち
チームビルディングコンサルタント
というのは

他の専門家と違って
専門的な理由を持たないのが
専門家と言われるところ
かもしれません。

言い換えると

専門家と専門家をつなぐのが
チームビルディングコンサルタント

なのです。

 

それぞれをつないでいくのが
組織づくりの仕事だとすると

つないでいくこと自身に
専門性があり

その全体最適をどうやって
作ればいいかが
私たちの専門性で、

それによって
組織が一丸となったり
成果が上がったりする

ということになるわけです。

世の中には
専門家だからこそ
解決できないことがあり、

この専門家と専門家を
つなぐのが

チームビルディングコンサルタント
なんだということを
覚えて頂きたいと思います。

 

いかがだったでしょうか?
何かご意見、ご感想をお願いいたします。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください