コンサルタントの理想の姿に押し込めてはいけない


日本で唯一、
売上を上げる
 
チームビルディングコンサルタント
の石見です。
 
 
 
今日のテーマは、
 
理想の姿に押し込めてはいけない
 
というお話をしたいと思います。
 
 
士業やコンサルタントの方々、
コーチと言われる方も
そうかもしれませんが、
 
 
組織づくりや、
それに関連する事について
 
アドバイスを求められるとか、
相談を持ち掛けられる
 
 
という事は、
もちろん多いと思います。
 
 
 
そうした時に、
 
「私たちの役割って何でしょうか?」
 
という話なのです。
 
 
 
それを、私は一言で言うと、
 
 
経営者が作りたい
組織や会社を作るためにサポートする

 
 
という事だと思っています。
 
 
 
さらに深く言うと、
 
 
私たちのように
専門家と言われる人たち、
 
組織づくりなどに
携わっている人たちというのは、
 
 
もちろん、
たくさん勉強したり、
たくさん学ぶ事がある訳です。
 
 
そうして学んでいると、
 
「こういう組織づくりがやりたいな」とか、
「こういう事がやりたいな」とか、
「こういう組織って良いんじゃないか」
 
みたいに思う事がある訳です。
 
 
もちろん、
 
そう思う事自体は悪いことではない
と思うのですけれども、
 
  
相談される経営者が、
 
「どんな組織づくりをやろうか?」
とか迷っている時に、
 
 
ある種、強引に、
 
 
まあ強引かどうかは分からないですが・・・
 
 
「やはり、こういう事が
理想なんじゃないでしょうか?」
 
みたいな感じで、
こちら側の理想の形を提案したり、
 
 
「そういう事を
目指した方がいいと思います」
 
というように、
 
 
相手が本当に
それにしたいかどうかを確認せずに、
 
押し込めてしまう事って、
多々あるのではないかと思っています。
 
 
少なくとも、私の周りでは、
そういうお話を聞くこともあります。
 
 
 
大事な事は、
 
私たちがどうしたいか?
というよりも、
 
 
経営者が作りたい
組織や会社にするために、
私たちはサポートしているのだ

 
 
ということを忘れてはいけない
という事です。
 
 
 
自分の理想、
 
それはそれで
持っても良いとは思うのですが、
 
 
経営者が作りたい組織や
会社を作るというために、
私たちは存在しているのだ

  
 
この事をぜひ
覚えておいて頂きたいと思っています。
 
 
 
いかがだったでしょうか?
何かご意見、ご感想をお願いいたします。
 
 
ありがとうございました。
 
 

クライアント先の成果が上がる
特別な研修プログラムを無料プレゼント!

ゲームで遊ぶだけで、組織が活性化し、クライアント先に喜ばれる特別な研修プログラム「仮想体験ゲームセット」を”無料”プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です