「何を学ぶか」より「誰から学ぶか」ではもう成果は出ない

情熱で奇跡の成長を導く
日本で唯一売上げを上げる
チームビルディングコンサルタントの
石見です。

今日のテーマは

「何を学ぶか」より「誰から学ぶか」では
もう成果は出ない

という話です。

 

 

「何を学ぶか」より
「誰から学ぶか」が大事、

なんて言われる事が
結構多いように思います。

それを全面的に
否定するわけではないですが、

私は何をどの順番で学ぶか
何をどの順番で学ばせるかが

成果が出るかどうかで
大事なことだと
思っています。

誰から学ぶかが大事だ
という話になると

その人からしか学べない
ということになります。

その人から学ばないと
成果が出ないとすると

多数の人が学んで
成果が出るのでしょうか?

それは再現性が担保されてない
ということですよね?

この人から学んだけど
この人から学んで上手くいかない

というのは僕からすると
属人化の極みだと思うのです。

誰から学んでも
こういう順番で学べば
それができるようになる

ということが大事なのだと
思っています。

少なくとも
チームビルディングや
組織づくりでは

私はそうなっている
必要があるのではないかと
思うのです。

 

組織づくりやチーム作りは
この人はできてるけど
この人はできなくていい、
ではダメですよね?

誰もができるようになってこそ
初めてチームは機能すると
私は思っています。

だから
何をどの順番に学ぶかが
一番大事なのですが、

では誰から学ぶかを
どう考えればいいかというと

何をどの順番で学ぶかを
ちゃんと分かっている人から
学べば大丈夫ということです。

それをちゃんと分かっている人から
学ぶということが

実は再現性を手に入れて
成果をあげることができることに
つながるわけです。

 

是非そこは
しっかり覚えていただいて
コンサルティングして
いただきたいですし、

皆さんが学ぶ時も
どんな風にどの順番でやれば
成果が上がるのかを

ちゃんと説明できる人から
学んでいただきたいと
思います。

 

いかがだったでしょうか?
ご意見、ご感想お願いいたします。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください