士業やコンサルは「何を止め、何を続けるか」と問い続ける


日本で唯一、
売上を上げる
 
チームビルディングコンサルタント
の石見です。
 
 
今日のテーマは、
 
何を止め、何を続けるか
 
というお話です。
 
 
コンサルタント、士業、コーチ
色んな立場があるにしろ、
 
相談に乗る
 
という事が
 
私たちの役割だったり
仕事だったりする訳です。
 
 
 
そこで、
大事なことは、
 
何を止めて、何を続けるか
 
ということを常に、
 
お客様や、
経営者、経営幹部の方に
 
問い続ける
  
ということかなと思うのです。
 
 
では、
 
何を止め、何を続けるか
 
と問うことの
本質的な意味をお伝えすると、
 
 
やはり、
 
判断基準が何なのか?
 
 
これを常に、
問い続けることではないかな
 
と思うのです。
 
 
 
要は、
 
この判断基準というのが、
ついついブレたり、迷ってしまったり
 
また、時代の流れとともに
判断基準を変えていかないといけない
 
という事がある訳です。
 
 
 
特に、
 
この時代の流れ、
多様化の流れから考えると
 
常に判断基準を見直す
 
ということは、
 
これからの経営には、
大事なことになると思うのです。
 
 
 
こういう事を
私たちが問い続ける事によって、
 
その結果、
 
経営者が自立的に
判断し続ける事が出来るようになれば、
 
 
経営が強くなる、
 
経営者として成長する
 

 
という事になるのではないか
と思うのです。
 
 
  
ですので、
私たちの役割は、
 
いろんなコミュニケーション、
  
研修や
コンサルティングという場もあれば、
それ以外の場もあるかもしれませんが、
 
本質的に大事な、
この判断基準を常に問い続ける

 
ということに
繋がることをする事、
 
 
これこそが、
私たちにとって
大事なことだと思っています。
 
 
 
少なくとも
私自身はそれを常に思いながら、
お客様や周りの方とお話をしています。
 
 
 
ぜひこの、
 
判断基準が何なのか?
 
ということについて、
 
頭の片隅において頂いて、
普段からお仕事に取り組んで頂ければ
と思っています。
 
 
 
いかがだったでしょうか?
何かご意見、ご感想をお願いいたします。
 
 
ありがとうございました。
 
 

クライアント先の成果が上がる
特別な研修プログラムを無料プレゼント!

ゲームで遊ぶだけで、組織が活性化し、クライアント先に喜ばれる特別な研修プログラム「仮想体験ゲームセット」を”無料”プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です