チームビルディングコンサルタントとしての社外人事パートナーの役割とは?【後編】

情熱で奇跡の成長を導く
日本で唯一、売上を上げる
チームビルディングコンサルタントの石見です。
 
 
今日は、
「社外の人事パートナー」
という話の後編をしたいと思います。
 
 
前編では、
「オペレーション型の人事」

「戦略型の人事」
というのがあるという事をお話ししました。
 
 
そして、
この戦略型人事をやろうとすると、
 
「そもそも経営戦略
というのが分かっていますか?」
とか
「マーケティングとか分かっていますか?」
 
という話になるという事でした。
 
 
しかしながら、多くの士業とか
人事コンサルタントと呼ばれる人は、
 
そんなに、そこをきちんと勉強したりとか、
学んでいない可能性があると感じています。
 
 
私自身は、この戦略型人事、
 
つまり、経営者さまと共に、
将来を作っていくという事を
 
コーチングや、コンサルティングの中で、
思って成果を上げてきたので、
 
もちろんチーム作りとかも、
深めてきましたけれども、
 
この経営戦略や、
マーケティングというのは、
 
「かなりやってきた」
 
と思っています。
 
 
なので、まずは自分自身が、
 
「オペレーション型人事」の
パートナーになるのか、
 
「戦略型人事」の
パートナーになるのか
 
ということを
考える必要があるのかなと思います。
 
 
 
「オペレーション型人事」の
パートナーになるというのは、
 
それはそれで、もう必要とされているので、
大事な事だと思います。
 
その場合は、
いわゆるアウトソーシングビジネスに
近い形の経営形態になると思います。
 
 
 
「戦略型人事」のパートナーになると、
 
アドバイスなどが主体の
事業モデルになると思いますが、
 
その辺りは、
コンサルタントとしてとか、
士業の先生として、
 
どんなビジネスモデルを作っていくのか?
 
という事と一緒に
考える必要があると思っています。
 
 
いかがだったでしょうか?
 
「オペレーション型人事」と
「戦略型人事」という事が、
社外の人事パートナーとしてあるのだと
いうお話をさせて頂きました。
 
 
ありがとうございました。

クライアント先の成果が上がる
特別な研修プログラムを無料プレゼント!

ゲームで遊ぶだけで、組織が活性化し、クライアント先に喜ばれる特別な研修プログラム「仮想体験ゲームセット」を”無料”プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です