チームビルディングコンサルタントとして「リーダーが弱気になった時」にどうするか?

日本で唯一、売上を上げる
チームビルディング
コンサルタントの石見です。
 
 
今日のテーマは、
 
「リーダーが弱気になった時」
 
というお話をしたいと思います。
 
 
士業やコンサルタント、
コーチみたいな存在の人というのは、
 
常に経営リーダーの側で、
何か相談を受ける立場にいると思います。
 
 
経営リーダーとして、上手くいっている時は
ものすごく意気揚々に、
元気にやっている姿というのは、
 
皆さんも、クライアントさんの姿を通じて
よくご存知の事だと思います。
 
 
でもやはり、
経営リーダーも人間です。
 
 
上手く行かない事とか、
失敗してしまった事にぶち当たって
弱気になる時もあるのではないか
と思うのです。
 
 
その時に、
コーチ、コンサル、士業の人達は、
どのように接することが必要なのか?
 
という事が今日のテーマです。
 
 
私自身、
常に思っているポイントとして、
 
「経営リーダーとして、
成功を導ける姿をイメージさせる」
 
という事を常に意識しています。
 
 
もちろん上手くいっている時は、
さらに成功を導けるようにする訳ですが、
 
やはり、
失敗したり、弱気になっている時には、
 
「どうやって成功を導ける姿を
イメージさせるか?」
 
ということが
私は大事だと思っています。
 
 
つまり、
失敗をしている時には、
 
「自信を取り戻させるきっかけを作る」
 
というのが、
 
このような状況で相談を受ける際の
大きな目的になるのではないかと思います。
 
 
 
もちろん、そのセッションや
そういう話し合いの場では、
 
「失敗した所から、
どうやって上手く行かせるようにするか?」
 
のような、
 
その時間を使って、達成したい事、目標
という事柄レベルでの話をして、
 
「どんな打ち手をしていくか?」
 
という事が
 
話す内容として
私は大事な事の一つだと思うのですけども、
 
 
結果として、
そういう話をしていく事で、
経営者もしくは経営リーダーが
 
「こうやったら上手くいくな」
 
という
 
成功のイメージを描けるかどうかが
すごく大事だと思っています。
 
 
そのイメージが描けるようになれば、
細かい事に関しては、
 
リーダーだから自分で出来る
 
という事が、たくさん出てくるのです。
 
 
 
つまり、
事柄のレベルにおいて、
 
「どうやっていきますか?」
 
という事について
話すことはもちろん大事なのですが、
 
状況によっては、もう一つの目的として、
 
「自信を取り戻させて、
成功を導ける姿を導くんだ」
 
という視点に立って接して頂くことが
大事なのだと思っています。
 
 
いかがだったでしょうか?
 
 
ありがとうございました。

クライアント先の成果が上がる
特別な研修プログラムを無料プレゼント!

ゲームで遊ぶだけで、組織が活性化し、クライアント先に喜ばれる特別な研修プログラム「仮想体験ゲームセット」を”無料”プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です