残業がなくなる組織を目指す時にぶち当たる壁パート2

retro-3246123_640

情熱で奇跡の成長を導く
日本で唯一売上げを上げる
チームビルディングコンサルタントの
石見です。

今日のテーマは

残業がなくなる組織を目指す時にぶち当たる壁パート2

ということで
前回に引き続き、

ぶち当たる壁を
どう突破するか

という話をしたいと
思います。

 

前回は
個人のスキルや技術が
不足していることで
できてしまう壁を

どうやって突破するかを
お話ししました。

それに加えてもう一つ、
個人の努力では
どうにもできない壁
というのがあります。

これをどうしていくかが
二つ目の大きな壁です。

 

部分最適から全体最適を
作っていくことと

全体最適から部分最適を
していくという

双方向の中で
残業がなくなるように
なっていくことを考えると、

個人のスキルを
上げていくことは

部分最適をしながら
どんどん広げていく
という感じだと思います。

でも全体最適、
つまり会社全体の流れや
仕事の流れを考えた時に

どうしていくかを
考えることが
大事なのではないかと
思うのです。

 

コンサルタントの方は
経営者の相談に乗れる
パートナーという
ポジションだからこそ、

全体最適から部分最適を
どうやって導くかかが
アドバイスするときの
ポイントなのではないかと
思います。

研修などで
全体最適から部分最適への流れを
コンサルティングをしながら
作っていくことを
外部のメンバーがうまく行えば

残業がなくなる組織になっていくと
私は思っています。

個人の努力では
どうにもできない壁を
どうするかが

私たちの仕事である
ということを
理解していただいて、

是非経営者と
向き合っていただければと
思います。

 

いかがだったでしょうか?
何かご意見、ご感想をお願いいたします。

ありがとうございました。

クライアント先の成果が上がる
特別な研修プログラムを無料プレゼント!

ゲームで遊ぶだけで、組織が活性化し、クライアント先に喜ばれる特別な研修プログラム「仮想体験ゲームセット」を”無料”プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です