組織に馴染むってどういう意味?

情熱で奇跡の成長を導く
日本で唯一売上げを上げる
チームビルディングコンサルタントの
石見です。

今日のテーマは

組織に馴染むって
どういう意味?

です。

 

4月を迎えて

新入社員
人事異動
中途採用などで

新しい方が入ってくる
という経営者の方も
多いと思います。

この時期ホットな
話題ではないでしょうか?

組織に馴染む
組織に慣れる
とも言いますが

そもそもどういう
意味なのでしょうか?

 

実はこれも
チームビルディングと
同じなんですね。

チームビルディングで
お話しする三つの要素

つまり

人材力
組織力
関係力

に当てはまります。

人材力は

その組織に必要な
レベルを知っている
ということです。

どういうことが
できないと
いけないのか?

どこまでスキルを
上げてもらわない
といけないのか?

ということですね。

組織力は

組織の
ルーティン
仕事の流れ

仕組みやルール
を知っている
ということです。

関係力は
人間関係を構築する
ということです。

もちろん

関係を構築する
というのは

仕事の中身を理解
しようと思って

コミュニケーション
をとることもあると
思いますが

ここでは

スムーズな人間環境
を作っていくこと
と考えてください。

 

組織に馴染むとは

新しく入った方の
この三つの要素

人材力
組織力
関係力

に対する理解が深まる
ことを言います。

ですから

組織に馴染んでもらい
早く戦力化したいと
お考えの方は

新しい方に対して

この三つのポイントを
意識しながら仕事を
してみてくださいね

と伝えましょう。

そうすれば新しい方は

どうゆうことを
考えながら
見ながら

仕事をすれば
早く馴染めるのかが
分かりますね。

経営者の方には
是非そのように
考えていただければ
と思います。

 

いかがだったでしょうか?
ご意見、ご感想お願いいたします。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください