傍観者を生み出しているのは誰?


日本で唯一、
売上を上げる
 
チームビルディングコンサルタント
の石見です。
 
 
 
今日のテーマは、
 
傍観者を生み出しているのは誰?
 
というお話をしたいと思います。
 
 
 
私たちは、
このような相談を受けることが多いです。
 
 
「指示待ちになっている人たちを
どうすればいいか?」
 
「自発的に動かない人たちを
どうすればいいか?」
 
 
という相談だったりとか、
 
 
それこそ、
 
「傍観者ばっかりなんだよね!」
 
という言葉を使われる方も
いると思います。
  
  
  
私たちの相談を受ける際に、
 
割と多くの
経営者や経営幹部の人たちが
 
そのように言う訳です。
 
 
 
では、
 
それを生み出しているのは
誰なんでしょうか?
 
 
 
実は・・・
 
 
 
それは社長です
 
 
 
という話です。
 
 
 
もちろん社長だけでなく、
経営者、経営トップ、経営幹部
 
その人たちが
傍観者を生み出している
可能性があります。
 
 
 
私自身も何度か
接した事があるのですが、
 
そういった人たちの、
もう本当に口グセとして多いのは、
 
 
「言った通りでしょ」
 
「ほら言った通りだ」
 
「それ起こると思ってた」
 
みたいな口グセだったり、
 
 
きちんと指示していないにも関わらず
  
「だからあれほど言ったのに」
  
というような言い方をしたりします。
 
 
 
私の経験上、
 
そのような
口グセが多い人というのが、
  
傍観者を生み出している
 
のだと思っています。
 
 
そして、 
 
そう言っている人たちは、
  

自分たちが
傍観者を生み出している

 

という意識は無いのです。
 
 
 
ここで大事なことは、
 

そのように
出てきそうな結果のこと、
 
もしくは結果論の話を
 
“後から言う”
 

という事がそもそも、
 
傍観者を生み出している人の
コミュニケーションなのです。
 
 
 
だから
 
「傍観者ばかりだ」
「当事者意識が少ない」
 
 
「これをどうしたらいいか?」
  
 
という相談を言っている人に限って、
 
 
そのような
 
結果論での話や、 
結果だけがすべて
  

みたいな話をしていたり、
 
 
後から、
イチャモンを付けたりとか、
グチグチ言ったりする
 
 
という人が
多いように思います。
 
 
 
そういうクライアントさん、
そういう経営者さんに出会ったとしたら
 
「それはあなたが原因じゃないですか?」
 
と、一言お伝えできるかどうかが
大事だと思っています。
 
 
 
まあ、それを言えたら・・・
 
 
という話になると思いますが、
 
ぜひ、そういうマインドで
クライアントさんと接してみてください。
 
 
 
いかがだったでしょうか?
何かご意見、ご感想をお願いいたします。
 
 
ありがとうございました。
 
 

クライアント先の成果が上がる
特別な研修プログラムを無料プレゼント!

ゲームで遊ぶだけで、組織が活性化し、クライアント先に喜ばれる特別な研修プログラム「仮想体験ゲームセット」を”無料”プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です