「他責」の職場にしている責任者は誰? それはもしかしたら・・・


日本で唯一、
売上を上げる
 
チームビルディングコンサルタント
の石見です。
 
 
 
今日のテーマは、
 
「他責」の職場にしている責任者は誰?
 
というお話をしたいと思います。
 
 
 
この事に関して、
 
士業やコンサルタント、コーチ
の方が、
 
「結局、経営者が問題なんですよね」
 
という話をよく言われます。
 
 
私もよく、耳にしますが、
 
「結局、
経営者がそうしているから、
組織もそうなっているんですよね」
 
みたいな話を言われるのです。
 
 
そして、
 
「そういう場合って
どうしたらいいんですか?」
 
と相談されます。
 
 
 
私が、常にこのブログを通じて、
お伝えしている事の一つとして、

「責任者は、誰なんですか?」
 
と言っています。
 
 
これはもちろん、
経営者本人でもあるのですが、
 
「そこに関わっている、
士業やコンサルタント、コーチの
あなたが責任者でもあるのですよ」

 
という話をしているのです。
 
 
 
結局のところ、
 
経営者さん自身に
自分自身が問題だ、課題だ

 
という事に
気付いてもらわない限り、
 
「他責」の職場
 
は何も変わらない訳です。
 
 
それに気付いてもらうために、
私たちは何をしているか?

 
ということが大事なのです。
 

 
それを、
 
「経営者が問題なんですよね」
  
という話をして、
 
 
もちろん言う事自体は、
悪い訳では無いのですけれども、
 
 
そう言って、
問題を切り離してしまっている時点で、
 
コンサルだったり、コーチだったり、
士業の先生みたいな人が、
 
もう「他責」になっている訳です。
 
 
大事なことは、
私たちもその一部だ
という事です。
 
 
だからこそ、
 
気付いてもらうために
 
どんな事をやっているか?
どんな事をやるか?
 
という事が必要になる訳です。
 
 
気付いてもらうために
1ミリでも進まないと
 
「他責」の職場
 
という問題は
何も解決しないのです。
 
 
そのために、
私たちは何をするか?
ということが大事なのです。
 
 
ですので、
 
「他責」の職場にしている責任者は誰だ
 
と言うと、
 
もちろん、
当事者の責任者、
経営者であり、
 
そして、
 
経営者から、
その相談を受けている私たちも
責任者の一部なのだ

 
と認識して頂ければと思います。
 
 
そうする事で、
 
どうしていけばいいか?
ということを考える当事者になる

 
と私は思うのです。
 
 
ぜひ、皆さんに、
そのような相談に乗れる、
そのような事が出来る人になって欲しいな
と思っています。
 
 
いかがだったでしょうか?
何かご意見、ご感想をお願いいたします。
 
 
ありがとうございました。

クライアント先の成果が上がる
特別な研修プログラムを無料プレゼント!

ゲームで遊ぶだけで、組織が活性化し、クライアント先に喜ばれる特別な研修プログラム「仮想体験ゲームセット」を”無料”プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です