クライアントさんに「任せる力を養わせるには?」と質問されたら?


日本で唯一、
売上を上げる
 
チームビルディングコンサルタント
の石見です。
 
 
 
今日のテーマは、
 
任せる力を養わせるには?
養ってもらうには?
 
というお話になります。
 
 
コンサルタント、士業の立場として、
経営者さんから、
 
「なかなか任せる事が出来ない」
 
とか、
 
「なかなかウチの部下には
任せる事が出来ないんだよ」
 
なんていう
ご相談があるのではないかな
と思っています。
 
 
「この件について、
どうしたらいいんですか?」
 
と質問を受けた時に、
 
私たちが答えるべき答えは何か?
  
と言いますと、
 
「相手の強みと弱みを把握させる事です」
 
という事です。
 
 
つまり、
 
相手の強みと弱みを把握させる
 
もしくは、
 
相手の力量を冷静に把握する
 
ということを
やってもらうという事になります。
 
 
そうすると、
 
その人に任せるべきなのか?
任せて結果を出るのかどうか?

 
という事もはっきりしますし、
 
任せる時に、
何が問題になるのか?

 
その問題を予想することも出来ます。
 
 
ということで、
 
「任せる力を養わせたり
任せられるようになるには
どうしたらいいですか?」
 
と質問された場合、
 
「相手の強みや弱みを把握して、
相手の力を把握することです」

 
とお伝え頂ければ良いと思います。
 
 
「では、
それを把握するために
どうしらいいのですか?」
 
という事もあると思うので、
一応お伝えしますと、
 
3つの質問をする
 
という事です。
 
 
「その人の強みは何ですか?」
 
「その人の弱みは何ですか?」
 
「予想される問題はなんですか?」

 
この3つの質問をすることですよ
 
 
とお伝えください。
 
 
 
この3つで聞いていくと、
 
任せるべきなのか?
 
任せるべきではないのか?
 
任せるとしたら
どういう事を心掛けないといけないのか?
 
ということが整理されます。
 
 
 
ぜひ、
 
クライアントさんから
 
「任せる力を養いたい」
 
と言われたときには、
 
このようなアドバイスや
アプローチをして頂ければ
と思います。
 
 
いかがだったでしょうか?
 
 
何かご意見、ご感想をお願いいたします。
 
 
ありがとうございました。

クライアント先の成果が上がる
特別な研修プログラムを無料プレゼント!

ゲームで遊ぶだけで、組織が活性化し、クライアント先に喜ばれる特別な研修プログラム「仮想体験ゲームセット」を”無料”プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です